メニュー(スマホは左の Hamburger icon より)


ローカルサーバーの構築は、本サーバーの予備テストで利用するほかバックアップとしても利用できるのでXOOPSのサイトを運営するには必需品と言えるものです。今回、サーバーの引っ越しに伴いPHPのバージョンも上がったのでローカルサーバーのバージョンも上げることにしました。基本的にはPHPとMySQLがセットになったこのXAMPPでローカルサーバーを構築します。(XAMPPのダウンロードはこちらから)久しぶりの設定で以前と違って方法も変わっているので戸惑ってしまいましたがどうにかバージョンアップすることができたので備忘録として掲載します。

1.XAMPPのバージョンの選択
選択の基準は本サーバーの環境に近いものでバージョンが新しいものということになります。今回本サーバーでXOOPS Cube Legacy2.2から2.2.02へバージョンアップしたしようとした時に、PHP5.6のバージョンではログインおろかテンプレートの変更にも支障があったので、PHP5.5の中で一番新しいXAMPP5.5.38(php5.5,phpMyAdmin4.5.1)をインストールすることにしました。XAMPPのファイルにはwindowsの自動でインストールが行えるインストーラ式と圧縮ファイルがあります。最初インストーラから自動で展開する方法を行ったのですがインストールとともに色々なファイルが自動で作成されあまりにも目立ったので圧縮(ZIP)ファイルを利用することにしました。以下はそのインストール手順です。

2.インストール方法
私は、現状利用しているC\ドライブの直下にあるxamppのフォルダはそのままにして新しくC\ドライブの直下にxampp55(任意の名前)のフォルダを作成し、その中にダウンロードしたXAMPPの圧縮(ZIP)ファイルを解凍し展開しました。同じパソコンでも複数のXAMPPが利用可能です。(以下の画像は最新のxampp-portable-win32-5.6.30-0-VC11をインストールしたときのものです)

セットアップ
xampp55のフォルダ内にある「setup_xampp.bat」というバッチファイルをダブルクリックして起動します。そのあとコマンドプロンプトのdos画面が出て処理後に「何かキーを押してください」のメッセージが出るので何かキー(取りあえずEnterキー)を押します。これでセットアップ完了です。

コントロールパネル起動
次に同じく同フォルダ内のアプリケーション「xampp-control」をダブルクリックしてコントロールパネルを起動させ、PHPとMySQLを稼働させます。

phpMyAdminパスワードの設定
・ブラウザでアドレスにlocalhostと入力するとXAMPPの画面が表示されるので右上のphpMyAdminをクリックします。

・phpMyAdminでアクセスするためのパスワードの設定をします。まず上のuseradminをクリックします。

・ユーザ名:root Host name:localhostの編集をクリックします。

・パスワードを変更するをクリックします。

・ここでパスワードを2回入力し実行をクリックします。

phpMyAdminのcofig.inc編集

以上のパスワード設定でphpMyAdminにはパスワードがないとログインすることができない状態なのでそのままだとエラーになります。なので、一旦XAMPPコントロールパネルからphpとmysqlをストップし、xampp55/phpMyAdmin/cofig.incのファイルをテキストエディッターで開き、21行目辺りの「$cfg['Servers'][$i]['password'] = '●●●●●';」を③で設定したパスワードを入れ上書き保存します。
  

phpMyAdminの設定終了
再度XAMPPコントロールパネルでphpとmysqlを起動し、③の手順でphpMyAdminに入ることができます。

phpMyAdminのインポート容量を増やす
本来の目的である本サーバーのデータベースをインポートすることができなければローカルサーバーとしての意味はありません。そのままであればデータベースをインポート容量が小さいためインポートすることができません。従って容量を増やす必要があります。xampp55/php/php.iniをテキストエデッタで開き以下の項目を変更します。私のデータベースは50M程なので、もし増えても圧縮してインポートする方法もあるので64Mにしました。

・memory_limit = 128M → そのまま
・post_max_size = 8M  → 64M
・upload_max_filesize = 2M → 64M
※設定条件はmemory_limit ≧ post_max_size ≧ upload_max_filesizeとなるとのこと。

以上で終了です。今回Xamppのローカルサーバーは結局 古いXampp、本サーバーに近いXampp、最新のXamppと3つのサーバーが入っていますが問題ないようです。立ち上げるときはそれぞれのフォルダーにある「xampp-control」をダブルクリックしてコントロールパネルを立ち上げてからの利用となります。
プリンタ用画面
投票数:2 平均点:5.00
カテゴリートップ
ローカルサーバー(XAMPP)の構築と運用
次
XAMPPにperlを設置

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

趣味を楽しもう新着記事


趣味を楽しむメニュー


旅行メジャーサイト簡素リンク

このサイト内の検索

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 趣味を楽しもう を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...