浴槽換気扇の分解清掃の印刷用ページ

時間が経つにつれてだんだんと誇りが溜まり、最悪その埃が入浴中に落ちてくるというこの換気扇です。徹底的に埃を取り除いておかないとすぐに溜まってしまいます。意外と+ドライバーと14mmのレンチがあれば簡単に外すことができます。今回も備忘録として手順と手入れについて気付いた点などを掲載しました。

浴槽換気扇の分解手順
1.上蓋を少し引っ張り2本の針金のようなものが見えればしっかりつまんで下へ引っ張ります。片方が外れたらもう片方も同様に2本の針金のようなものをしっかりつまんで外します。 浴槽換気扇上蓋を外す
2.赤い場所の奥にある+ネジが4本外し、外側のケースを外します。次に羽根の中央にあるナット(14mm)を外します。外す場合は通常の緩め方とは逆で右回しです。回す方向に注意が必要です。ナットを外せば下に引っ張ると外れるようになっています。この時点で天井に設置されているモーターの外観が酷く錆びていたりすると寿命だと思われます。こんな場合同じ種類のモーターが見つかればモーターだけを交換するという方法もあります。浴槽換気扇羽根等を外す
3.換気扇内にはINとOUTがあったのでカメラだけを入れて撮影してみました。IN側はそれほど埃は溜まっていませんがOUT側はかなり埃が溜まっています。あとは各部品を清掃したあと元に戻せば作業終了です。浴槽換気扇の清掃

検討事項
換気扇内OUTの通風路にある埃が狭い場所にあるので取り除くことが困難です。掃除機の先に細長い管を通してある程度吸い取ることができますが通風路が長ければなかなか困難となります。また、作業終了後動かしてみると通風口出口から溜まって埃がかなり出てきました。次回は通風口の出口からも直接吸い込むことを視野に入れて作業を行うようにしたい。

プラスチックでできた羽根にこびりついた埃は油分を含んでいる上に細い部分なので除去が困難。洗剤で洗っただけでは落ちないので事前に落とすものを用意しておいた方が無難です。