メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)

XOOPS Cube Legacyでは文字化け対策がなされているようで、文字化けしなくなりました。文字コードも最初からutf-8でインストールすることも可能です。

Apache 上の PHP であれば、下記の .htaccessで php.ini の設定を上書し、文字コードの設定も制御することができます。ただし、PHPバージョン5.3から.htaccessの代わりに.user.ini が使われるようになったので特にレンタルサーバーを利用するときには注意が必要です。
(「.htaccess(ドットエイチティーアクセス)」とはApacheなどのWebサーバで使用できるphp.ini の設定を上書きし制御するためのファイルです)


以下については、以前のXOOPS 2.0.16aで文字コードをEUC-JPで設定していた時、文字化けすることがありその時の対策を参考に掲載しています。

■原因

文字エンコードがうまく処理されていないことが原因のようです。
詳細についてはよくわからないというのが正直なところです。とりあえず設定すると文字化けが解消されました。

■処理方法

1.「.htaccess」を設定する
下記内容をテキストファイルで名前を「.htaccess」として保存しXOOPSを設置しているディレクトリにアップします。
php_flag  output_buffering on
php_value defalt_charset EUC-JP
php_value mbstring.language Japanese
php_flag  mbstring.encoding_translation On
php_value mbstring.http_input auto
php_value mbstring.http_output EUC-JP
php_value mbstring.internal_encoding EUC-JP
php_flag   register_globals   off 
2.XOOPSファイル内のclass/database/mysqldatabase.phpの88行目return true:の前に
mysql_query("SET NAMES binary",$this->conn);
の一行を入れる
プリンタ用画面
投票数:7 平均点:7.14
前
インストール後、最初に登録したパスワードで入れなかった。
カテゴリートップ
XOOPS運用不具合の対処
次
編集時にログインブロックを表示しない設定にした為入れなくなった。

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS

趣味を楽しむメニュー

趣味を楽しもう新着記事

旅行メジャーサイト簡素リンク

このサイト内の検索

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 趣味を楽しもう を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 35

もっと...