メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)
ソロツーリングと気ままな旅ホームソロツーリングと気ままな旅  >  趣味を楽しもう  >  XOOPSで作るホームページ  >  XOOPSの構築  >  レンタルサーバーの引っ越し(移行)

前々からサイトが重く感じることがあり、思いっきってサーバーをXreaからバリューサーバーに変更しました。移行に伴い多くの躓きがありかなりの時間を要しましたがどうにか今の所うまく動作しているようです。結果的に、googleのPageSpeed Insightsでのサーバー応答時間測定によるものですが速度が短縮され(1.4sec →0.4sec)、個人のレベルでは以前遅かっただけに満足しています。

■サーバー比較

さて、サーバーの引っ越しにあたって旧サーバーと新サーバの比較をしてみました。
項目/サーバー 旧 xrea 新 valueserver
CPU Intel Xeon CPU @ 2.40GHz Intel Xeon CPU E5-2670 0 @ 2.60GHz
MemTotal 4110MB 99025MB
Apache-ver. 2.2 2.2
PHP-ver. 5.3.29 5.6.22/5.5.25/5.6.9/5.3.29
MySQL-ver. 5.6.22 5.5.45
Perl-ver. 5.8.8 5.10.1

旧サーバーよりも条件は良いと思います。ただし、レンタルサーバーでは借りている人数とアクセスによってはサーバーの能力に影響がでるのでその点については定かではありません。また、phpのバージョンを全体と個々に区別してセレクトできるようになっているので変更するのに便利です。

■サーバー引っ越し手順

1.新しいサーバーへxoopsで必要なファイルをコピーする
必要ファイル(html,xoops_trust_path)をサーバー間でコピーします。新旧どちらのサーバーにもサーバー間でコピーする機能があるので非常に速く便利です。私は新サーバーのサーバー間コピーを利用しました。

必要ファイルのコピー

2.新サーバーでデータベースMySQLを作成し、PhpMyadminをインストールする

3.データベースのコピーを行う
①PhpMyadmin
旧PhpMyadminを利用しデータベースをエクスポートし新PhpMyadminを使ってデータベースをインポートする。エクスポート方法は「簡易-最小限のオプションだけ表示」を選択します。

データベースのコピー

②bigdump.php
旧PhpMyadminを利用しbigdump.php用にデータベースをエクスポートし、新サーバー内のhtml内にbigdump.phpとエクスポートされたデータをコピーし、"http://ドメイン名/bigdump.php"にアクセスします。(bigdump.phpでデータインポートを参照してください。使用後は削除が必要)

今回は①の方法でうまくできたので②の方法は使っていません。

4.サイトでメンテナンス中の表示を行う。

ドメインが新しいサーバーで使えるようになったかどうかを確認しやすい

5.DNS情報変更の設定
ドメインの「DNSレコード/URL転送の設定」から新サーバーでドメインが使えるようDNS情報変更を設定します。

ドメインの設定

6.ドメインウェブの設定
新サーバー側でのドメインウェブの設定を行ないます。もしメールの設定などをしている場合はそれも併せて行います。

ドメインウェブの設定

■不具合(困ったこと)

新サーバーでの運用が事前に確認できればいいのですが、DNS情報変更が新サーバーへ反映されるまで新しいサーバーでうまく動作しているかどうかの確認できなかったのが不安でした。ドメインの移行前に旧サーバーサイトで訪問者にメンテナンス中の表示をしておけば、新サーバーに反映されれば正常に表示されるので移行したことが分かりやすくなります。なお、新しいサーバーでサイトが表示されてからの以下のような不具合があり対処しました。
①ログインすると画面から遷移するものの元に戻ってしまう。
対処:
・PhpMyadminを利用しデータベースのxoops_sessionの照合順序をeucjpms_bin → utf8_binに変更した。
・この時点でphpのバージョンをphp5.6 → php5.5(CGI)へ変更した。(html部分に関してのみ)
②xelfinder(イメージマネージャー)モジュールにて「バックエンドに接続できません」のエラーが発生した。
対処:
・さらにphpのバージョンphp5.5 (CGI)→ php5.3(CGI)に変更した。(html部分に関してのみ)
全国地図から宿、グルメを探すでじゃらん検索APIでエラーが発生した。
対処:
じゃらん検索APIのデータ受信にperlを使っていたのですが、5.8.8→5.10.1にバージョンアップしたせいか、「Unicode::RecursiveDowngrade」というモジュールがどうも使えないようです。このモジュールはデータをUTF-8に変換するためのもので、サイト自体も受信データもUTF-8なのでそもそも変換する必要はないと思いモジュールも含め関係するコマンドを全て削除したところ正常に反映されました。
追加

①、②のphpバージョンによる不具合について、XOOPS Xでログインできなくなりましたという記事を見つけhtml/modules/legacy/preload/Primary/SessionCallback.class.php のファイルを差し替えることで対応しました。現在はphp5.6で稼働しています。動きについては感覚的なものですが実際それほど変わらないというのが印象です。また、②のxelfinderについてはアンインストールすることにしました。

プリンタ用画面
投票数:8 平均点:1.25
前
XOOPS Cube Legacy2.1.8 から2.2.0 へのアップグレード方法
カテゴリートップ
XOOPSの構築
次
インストール時&データベース取込時の各ソフト設定

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS

趣味を楽しむメニュー

趣味を楽しもう新着記事

このサイト内の検索

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 趣味を楽しもう を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...