恋路海岸物語

このトピックの投稿一覧へ

なし 恋路海岸物語

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/10 21:05 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 2124
石川県能登の恋路海岸にてこんな看板がありました。
引用:
恋路海岸 能登町
源平合戦の頃、木郎の里の助三郎と、多田の里の鍋乃は人目を忍んでこの浜で逢瀬を重ねていた。暗い夜、鍋乃のともす灯は助三郎の唯一の目標であり、愛し合う二人の希望の灯でもあった。
鍋乃に思いを寄せるもう一人の男源次は、二人の仲を妬み、灯を崖のはずれに移してだまし、助三郎は深い海から帰らぬ人となり、鍋乃も源次の求愛をしりぞけ、海に身を投げ助三郎のあとを追った。
過ちを悔いた源次は、仏弟子となって二人の菩薩を弔いつつ諸国を修行し、時を経て故郷の丘の上の観音堂に帰ってきた。愛欲、嫉妬に苦しんだ若き日々を省み、男女の仲を取り持つこともあったので、いつしか縁結びの観音堂といわれ、参詣する二人は必ず結ばれると伝えられるようになった。
こうした悲しくも美しい物語によって、いつの頃からか、この地が「恋路」と呼ばれるようになったと伝えられている。

このストーリーを見て少し疑問が湧いてきました。
・源次が灯を崖のはずれに移してとありますが、近くに崖が見当たらないんだけどなぁ。???
・この観音堂とは一体何処なんだろう?鳥居のある所なのかな??

 
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


旅と気ままなフォーラムメニュー

旅と気ままなフォーラム新着投稿

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

このサイト内の検索

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...

Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS