源氏物語の魅力

  • ここでは新たな話題の追加投稿はできません。
  • ここではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー




前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/11 7:34
タツ  管理人   投稿数: 2005
平安時代の作家、紫式部が書いた世界最古の長編ロマン「源氏物語」の「明石の巻(兵庫県明石市、神戸市)」の中で主人公光源氏と明石の上の君とのロマンが描かれています。光源氏は無量光寺の前、善楽寺の「浜辺の舘」から約7㎞北にある明石の上の君の住む地蔵禅院の「岡辺の舘」まで通ったとされています。

さて、この物語の登場人物は架空人物とされています。しかし、この明石の上の君の父親とされる明石人道なる人物はひょっとしたら実在していたのかも知れない。というのも地蔵禅院で尋ねた所、この人物を祀り、寺も屋敷を譲り受けたものでこの辺りの土地を持っていたそうです。過剰に想像すれば、少なくとも「浜辺の舘」から「岡辺の舘」までの7㎞の間の土地を所有していた、あるいはこの土地の権力者であったのではないだろうかと勝手に想像してしまいます。

この物語が千年経った現在も大衆に忘れられずに魅力を感じるのは登場人物が全くの架空ではなく実在感を匂わせるところではないでしょうか。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


旅と気ままなフォーラムメニュー

旅と気ままなフォーラム新着投稿

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

このサイト内の検索

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...

Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS