台湾高雄、台南に行ってみて

  • ここでは新たな話題の追加投稿はできません。
  • ここではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー




前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/1/15 20:08
タツ  管理人   投稿数: 2036
今回、1月に台湾の高雄、台南には初めて訪れました。日本は真冬で寒いのに台湾では夜は少し肌寒いものの日中はまるで初夏の様相です。道行く人の服装も様々でダウンを着ている人も居れば半袖の人も。晴れた日は確かに半袖で十分です。確かにこれならスイカもイチゴもフルーツなどは年中育てることができるので食べ放題かも。。。

高雄、台南には日本家屋が保存されている場所が結構あります。台南の中心街にはもう潰れてもおかしくないような家屋にわざわざ屋根を設置しているような場所もありました。実際に観光で巡ってみてもこの地域の人の日本に対する印象はとても良いような感じを受けます。ざっと見た所で旧日本裁判所、飛虎将軍廟、旧台南合同庁舎(台南消防史料館)日本人に対する評価は高いと思われます。

特に飛虎将軍廟へ行ったときには前面に「日本の皆さまようこそ参拝においでくださいました」という歓迎の意を表してくれています。そんな国は台湾以外にあるだろうか、そう言えば韓国にも行ったことがあるがそんな表示は見たことがないなぁ。どうせ行くなら歓迎してくれる国に行った方が良いに決まっている。

日本に比べて安いタクシーに何回も乗ったがぼられることはない。また、屋台の牡蠣を食べに行った時も席を譲ってくれて、おまけに帰り際に片言の日本語で「台湾を楽しんで下さい」と言われました。たまたまなのか分かりませんが、、、台北よりも台南の方が人情味があって印象が良い。

ただ気になることと言えばガスっていること。スッキリと見渡せる日がなかったことです。バイク台数も半端なく多い。中にはエンジンの音とは違うモーター音のバイクも走っていたような気がします。大気汚染の対策でしょうか。しかし根本的に、もし大気汚染の原因が発電所、工場、中国からの影響だとすれば何の意味もないと思います。もともとバイクは排気量が小さいのでそれ程大きな汚染になるとは思えない。ましてやエンジンの代わりにモーターに交換してもモーターを動かす電気を作る元が発電所なのだから根本的な対策にはならないだろう。

大気汚染については
https://aqicn.org/city/taipei/jp/
というサイトで常時計測しているようで、地域ごとに大気汚染の様子を表示できるようになっています。このデータを元に中国の沿岸部は汚染度が高くないからpm2.5の影響は中国からではないと判断するのはどうかと思います。季節風によって運ばれると言われていますが、風向き、速度、時間によって一概には言えない、ましてや観測ポイント、観測方法によっても差がある可能性もあります。

いずれにせよ、いつか遥か向こうまで見渡すことのできる台湾の景色がみれたらどんなにいいだろうと思います。
投票数:3 平均点:3.33

  条件検索へ


旅と気ままなフォーラムメニュー

旅と気ままなフォーラム新着投稿

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

このサイト内の検索

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...

Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS