バイクカバーについて

2009/4/9 18:53:00作成
2014/6/25 9:49:58更新

一般的にバイクは、ほとんど屋外で保管しているというケースが多いのではないでしょうか。屋外保管というのはやはり雨風、日光にさらされるのでカバーがボロボロになってしまいます。逆に言うとカバーがなければ直接バイクに影響を与えるということになります。

あまり小さなカバーを使用すると特にタイヤなどに直接日光があたり、その影響で劣化することも考えられるので、できるだけ全体を覆うような大きいカバーが良いと私は考えています。 バイクカバー

このたび、バイクカバーがボロボロに劣化してガムテープを貼ってもビリビリと破れてしまうので、ヤフーオークションでバイクカバーを安く購入したました。しかし、よくみると、、、あっロックチェーンを通す穴がない。。。。どうしようかと考えた末、以前のバイクカバーの穴部分を接着剤で貼り付け、穴を開けてみました。いつまで持つのやら。。。。。。

投票数:20 平均点:4.50

カテゴリ内メニュー

バイクメンテとD.I.Y 新着記事

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

ログイン

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 - 2 人のユーザが バイクメンテとD.I.Y を参照しています。.

登録ユーザ 0 ゲスト 40

Facebook,RSSリンク表示

検索

アクセスカウンタ

今日 : 106
昨日 : 207
総計 : 1644538