GPZ1000RX---スクリーンの透明度はどれだけ回復するか

2016/10/3 10:29:22作成
詳細

いまはもう手放してしまったGPZ1000RXです。その部品であるスクリーンが残っていたためオークションに100円で出品しましたが落札には至りませんでした。心置きなく、実験ができると思い、磨くことでどの位透明度が戻るものなのか、傷は消えるのかという実験をしてみました。

まずは磨く前の画像です。コーティングが剥げたせいか中央部分全体が曇っています。
GPZ1000RXスクリーン

次に特に曇っている部分を水で冷やすということも兼ね耐水ペーパー2000番で磨いてコーティングのようなものを取り除きます。磨いた後はかなり曇っています。
GPZ1000RXスクリーン

 

この後、まずは鏡面コンパウンドがなかったので、キズクリアー(透明ウレタン配合と書かれています)というものを使いさらに磨いていきます。
GPZ1000RXスクリーン

では次に鏡面磨きをかけるとどうなるのかという更なる興味が湧きやってみることにしました。
GPZ1000RXスクリーン

使ったのはこのコンパウンドです。超鏡面と書いてあります。磨きは直線で磨かないと円を描くとムラになると能書きに書いてあります。
GPZ1000RXスクリーン

結果

どうにか透明度は戻っているようです。写真では綺麗に見えますが、感覚としては新品の70%程度という所でしょうか。傷に関しては深い傷は勿論、よーーく見ると微量なものも消えません。(消えてたら新品同様になりますよね) 最初に磨く時点でツルツルにしておけばもっと透明度は上がる可能性はありますが、疲れる。。。。ドリルなどを利用すればいいかもしれませんが熱が発生すると変形する可能性もあるので止めました。残念なのが、このスクリーンネジ穴にちょっと傷があることくらいかな。
GPZ1000RXスクリーン

投票数:100 平均点:2.20

カテゴリ内メニュー

バイクメンテとD.I.Y 新着記事

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

ログイン

オンライン状況

54 人のユーザが現在オンラインです。 - 3 人のユーザが バイクメンテとD.I.Y を参照しています。.

登録ユーザ 0 ゲスト 54

Facebook,RSSリンク表示

検索

アクセスカウンタ

今日 : 128
昨日 : 207
総計 : 1644560