メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)

今回は高回転エンジン不調による燃料ポンプの点検です。GPZ1000RXには燃料ポンプがなかったので最初はなんじゃこれはという感じでしたが、ZZR1100では燃料ポンプを介してキャブレターにガソリンを供給しています。 燃料ポンプ

燃料ポンプが正常に動作しているかどうかはバッテリーの横にあるリレーを外し、イグニッションスイッチをONにした状態で4極カプラの「茶色」線と「黒色に青色」線を短絡すれば燃料ポンプが始動し、同様に「茶色」線と「黄色に赤色」線を短絡させればセルモーターが始動するとのことです。 燃料ポンプ

今回この燃料ポンプも中古で作動しているものを手に入れ交換しました。ですので、実際にはリレーの短絡は行っていません。また、交換する際にフィルターがかなり汚れていたので清掃をしました。それでも今のフィルターの方が良さそうなので燃料ポンプだけを交換しました。この汚れからするとレギュラーガソリンを利用していてタンク内もかなり汚れていたものではと推測されます。 燃料ポンプ

結局、これも交換したもののエンジン不調は改善されずこれも予備品となってしまいました。
プリンタ用画面
投票数:10 平均点:4.00
前
ZZR1100--イグナイターの考察
カテゴリートップ
ZZR1100(ZX-11)メンテ
次
ZZR1100--高回転でエンジンが止まる

ZZR1100,GPZ1000RXのスペック

ZZR1100スペック
GPZ1000RXスペック

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS

バイクメンテとD.I.Yメニュー

バイクメンテとD.I.Y 新着記事

旅行メジャーサイト簡素リンク

このサイト内の検索

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが バイクメンテとD.I.Y を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...