メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)
ソロツーリングと気ままな旅ホームソロツーリングと気ままな旅  >  バイクメンテとD.I.Y  >  GPZ1000RXメンテ  >  GPZ1000RX---エンジンのパワーがでない

詳細

ツーリングの準備でエンジンオイル交換後、走ってみたところ、低速では特にエンジンが不調。症状は風を引いたような「ドコドコ」という音で、周期的に回転数が上がるという症状でした。もともとプラグが4発ですが、どう見ても感触としては不発が2発というパワーのなさです。メンテナンスするにあたり、エンジンオイルを交換する前はこういう症状はなかったので、まずはキャブレターではないと判断し、原因を以下のように想定しました。
1.オイルが合わなかった。
2.片方(両方)のイグニッションコイルが機能しなくなった。
3.点火プラグの劣化。
4.イグナイターの故障。(これだけは勘弁してくれ)

故障原因

順に調査すべく、まず、オイルを再度交換後テスト、イグニッションコイルの交換後テスト、そのあとプラグを新品と交換してみようと開けたところ、左から1番目と2番目の点火プラグに上から水が溜まって写真のように錆びていました。プラグキャップで水が入らないようにはなっているのですが。。。。。(これらは同じ時期に交換したものです。左から1番目と2番目が左の錆びたプラグで、3番目と4番目が右の綺麗なプラグ)
錆びたプラグ これが原因です

さっそくゴミがエンジン内に入らないように細心の注意をしながら清掃し、交換したところ復帰しました。

バイクはサイドスタンドが左にある為、そのまま駐車すると左に傾き、カバーがあるとは言え、左から1番目と2番目の点火プラグに雨水が入るのではないかと思い、普段、バイクの駐車はいつもセンタースタンドをしています。雨水は入らないだろうと思っていたのです。

もともと雨男なので、強い雨の日に走ったからかも。あるいはGPZ1000RXの左から1番目と2番目の点火プラグには構造上雨水が入りやすいのかもとか色々思いました。しかし、その後は水が溜まるようなことはありませんでした。やはり雨天走行の時に入り込んできたのかもしれません。

プリンタ用画面
投票数:27 平均点:6.30
前
GPZ1000RX---走っている途中で力が出なくなる。マフラーから黒煙が発生する
カテゴリートップ
GPZ1000RXメンテ
次
GPZ1000RX---エンジンをかけるとキャブレターからのガソリン漏れが発生した

ZZR1100,GPZ1000RXのスペック

ZZR1100スペック
GPZ1000RXスペック

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS

バイクメンテとD.I.Yメニュー

バイクメンテとD.I.Y 新着記事

旅行メジャーサイト簡素リンク

このサイト内の検索

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが バイクメンテとD.I.Y を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...