メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)

高知県 四万十ソロツーリング

このトピックの投稿一覧へ


なし 高知県 四万十ソロツーリング

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/10/10 9:41 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 1922
9月中旬の2週間、今回のソロツーリングの目的は四万十でゲストハウス立上げるというのんちゃんの手伝いです。こんなソロツーリングは初めてという事もさることながら、それ以外にも初めての経験が多かったように思います。

1.明石から四万十まで予報が雨であっても当日の地域別の降雨量からコースを選択(瀬戸大橋を通るルートと淡路島を通るルート)すれば意外と濡れなくて済む場合がある。ただし山間部では天候が変わりやすい。因みに現地での1週間はほとんど雨だった。四万十ではこの時期(9月)雨が多いようです。

2.四万十は過疎化が進んでいるものの住めば都かもしれない。
長所
・四万十川の良い景色がゲストハウスの庭から見える。
・コンビニなどはないが地域密着の鮮魚店、農家レストランもある。
・自然の川遊びの場所が近くにある。
・畑があり作物が植えられる。
・カフェ店など土日曜日のみあるいは日にち限定の店もあり、ある意味新鮮さがある。
・近所の人がカツオを持ってきてくれた。(私にではないですけど、、、)

短所
・近くにガソリンスタンド(約20㎞??)がない。場所によって日曜日は休業している。
・山道は落石でパンクする可能性もある。激しい雨の時は道が川のようになって水が落石を越えてる様子はかなりスリルがあった。
・スーパー、コンビニが近くにはないが、気合を入れれば食べ物は畑で作れるかも。
・渋滞はないが狭い道があり慣れないと怖いかも。

3.現地トラブル
・ヘルメットが落ちてシールドが割れる。→たまたまタブレットを持っていたのでオークションで落札し現地に送ってもらった。
・ダートで立ちごけしカウルが傷だらけになった。→帰りにホームセンターで缶スプレーを購入し目立たない程度に補修。

4.人が少なく自然が多い、意外な観光名所
・栗拾いもしたが時期尚早、収穫は1つだった。
・山の中にあるパン屋(シェムア)での帰り猿が2回も出没、道を横断していた。赤く綺麗に見えるらしい彼岸花を指摘されても赤緑色弱のせいか全く気付かなかった。ここは人はいないが彼岸花の景勝地らしい。
・半家(はげ)神社観光、半家は平家の落ち武者がいた所らしい。(平家の平の一をずらして半家となったらしい) 鳥居から沈下橋が見えるのもいい。観光ガイドにはおそらく掲載されていない観光名所かも。

5.ゲストハウス立上げの手伝い
・壁、天井のペンキの塗り方、クッションフロアーの貼り方、戸の調整方法、庭、池のメンテナンス、剪定などもいい経験になった。

6.再会
・約6年位前にいきなりカヌーを借りた店主と再会。これはびっくり。
・2年前別のゲストハウス、その後東京で偶然出会ったパワフルめいちゃんが同じ時期に四万十に来ていて再会。

7.リンパケアの初体験
・マッサージではなくこういう方法もあるのかと、これは気持ちええ。

と考えてみれば色々な経験、内容の詰まったソロツーリングでした。これらの経験を今後に生かしたいと思います。
 
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


RSSリンクの表示

旅と気ままなフォーラムメニュー

旅と気ままなフォーラム新着投稿

旅行メジャーサイト簡素リンク

このサイト内の検索

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...