テレビ報道は信頼できるのか

  • ここでは新たな話題の追加投稿はできません。
  • ここではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー




前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2017/8/21 13:21 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 2013
最近では、インターネットが普及しその中には虚実を含めて色々なことが掲載されています。報道情報に関して見てみると、少し前までほとんどのテレビ局が取り上げていた国会でも話題になった加計問題があります。これを例にインターネット情報とテレビ報道の違いは?と比較してみました。

テレビ報道では国会で元事務次官の証言が大きく報道され行政が歪められたされています。

しかし、インターネットではこの元事務次官は教育に携わる文科省の人間である関わらず出会い系バーに出入りし、退職した理由も官僚の天下りに関わっていたということである。もし、この事務次官が加計問題に関わっていなかったとしたら、テレビ報道では一斉に悪者扱いにしているであろう。ところが今回はヒーローとして扱われている印象が非常に強い。テレビ報道というのは一部の制作者の考えによって全く反対の印象を作り出すものである。

一方、同じくインターネットで元愛媛県知事の国会証言を聞いていると10年も前から誘致に四苦八苦し、今回の行政の決定には一点の曇りもない、歪められた行政が正されたと証言しているがほとんどテレビ報道されることはない。

どう受け止めるかは個人の問題ですが、この相反する事象(事実)を正確に報道しどちらが正しいと思いますか?と問うことが本来のテレビ報道の姿だと思う。インターネットの情報を見ていると本当に歪められたのは実はテレビ報道ではなかろうかと思うことがある。
投票数:2 平均点:10.00

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/7 8:03 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 2013
そういえばインターネットが普及していなかった時代、テレビ報道はほぼ100%の人が絶対的な信頼を寄せていたが、今は懐疑的でむしろ偏向した報道がなされていないかチェックしなければならないほど信頼がなくなってしまった。これから先はますますテレビ報道だけで世論を誘導するのは困難になるだろう。
投票数:0 平均点:0.00

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/4/7 7:18 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 2013
明石市長の国道工事の立ち退き交渉を巡って「火をつけて捕まってこい」というテレビ報道はまだ記憶に新しい。今年1月のテレビ報道で一年以上前の話であるこの事が大きく取り上げられ明石市長は辞任し、その後3月の市長選に出馬し大勝した。これが10年前のテレビ報道だけの情報であればいくら実力がある市長でも確実に落選していたであろうと思われます。つまり明石市民はテレビ報道で報道されなかった部分をインターネット等で様々な情報を得て、これが大きな力となったのではでしょうか。確実に時代は変わっていると感じます。

テレビ報道はやはり視聴率がメイン、大きな話題になることは取り上げるが話題にならないこと、不利益なことは報道しないものなのです。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


旅と気ままなフォーラムメニュー

旅と気ままなフォーラム新着投稿

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

このサイト内の検索

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 39

もっと...

Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS