メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)

  • ここでは新たな話題の追加投稿はできません。
  • ここではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー




前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/6/27 9:57 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 1931
2018年版として発表された全国地震動予測地図が発表されていますが、これがどれだけ信用できるものなのでしょうか? 予期せぬ場所から地震が発生していることから現実性がなく無意味なものとなっているのではないでしょうか。



まず、発生確率の表示についても5色に色分けされています。そのうち6%までが3つの色に区分けされ、あとの2つは6%~26%、26%~100%となっています。つまり最後の色分けの確率幅が異様に大きいことから予測はできませんと言っているようなものです。

次に記憶に新しいところで、熊本地震、大阪北部地震の各震源地と全国地震動予測地図の比較をしてみました。熊本地震では震源地が微妙に確率が高い部分に入っているような感じはあますが、大阪北部の地震は確率が低い部分と考えられます。

■熊本地震
2014年度版全国地震動予測地図と熊本地震震源地


■大阪北部地震
2017年度版全国地震動予測地図と大阪北部地震震源地


因みに2018年版では30年以内に震度6以上の地震発生確率が千葉市で85%、横浜市の82%、水戸市の81%、根室市78% 高知市75%、徳島市73%、静岡市70%、釧路69%、津市64%と発表されています。しかし30年という間隔は予測としての間隔があまりにも長すぎ、毎年更新するのであれば、30年後にはどのように変わっているか想像もできません。

今やどこで地震が発生してもおかしくない状況において、こういうアバウトな予測に我々の税金を掛けるより、地震、災害が発生した場合、どうやって避難するか、どうやって被害を少なくするかという方法に税金を投入すべきです。
投票数:1 平均点:10.00

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/6/27 13:56
nonn50  一人前   投稿数: 72
あれは、発表元が仕事をしていることをアピールする為に発表している事と眺めています。
避難方法すら無い日本で、どんなに危険を叫ばれたところでどうしようもありません。
NHKの無駄遣いで、CD化した地震や津波の映像を放送しますが、日本の国土では有ってあたりまえということと考えます
投票数:0 平均点:0.00

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/6/28 7:23
タツ  管理人   投稿数: 1931
おっしゃる通りですね。我々の税金が有効なものに使われるならともかく、無意味な既得権益の為に使われるというのは如何なものかと思います。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS

旅と気ままなフォーラムメニュー

旅と気ままなフォーラム新着投稿

旅行メジャーサイト簡素リンク

このサイト内の検索

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...