ワクチン論争

このトピックの投稿一覧へ

なし ワクチン論争

msg# 1.1.2
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2024/5/17 8:22 | 最終変更
タツ  管理人   投稿数: 2413
武漢肺炎(新型コロナウイルス)が流行した当初何もしなければ40万人が死亡すると推測されるという研究者がいました。(実際にはそうはなりませんでしたが) そして、現在ワクチンを投与した結果、二千人以上の人が亡くなり、これは氷山の一角でワクチンによる死亡者は40万人~60万人と推測されるという研究者がいます。(これも調査していないので分からない)

日本において仮にどちらもシュミレーションの結果だとすればワクチン接種は逆効果だったことになります。そもそも一億人接種しても被害は出ていないという政府の発表に安心して接種した人が多くいたことは否めません。しかし、その結果、事実として少なくとも2000人以上の人がこのワクチンによって死亡しています。また、原因の究明はなされていないというのが現実です。

確かにワクチンによって感染拡大が一時的に収まったのは事実です。問題は、効果があったかどうかということではなく、緊急につくられ副作用についても未確認のワクチンを安全だと称し続けて何回も接種を推奨したことにあると考えられます。

普通に考えれば、そもそも安全性が確保されていないワクチンを何度も接種している現状に疑問を抱かずには居られないものです。実際に接種現場ではオミクロン株が流行した際に医師も効かないかもしれないといって安全性が確保されていなワクチンを接種するという矛盾がありました。

インドのような人口が多く、貧富の差が大きい国では高価なワクチンは使えず一部では安価なイベルメクチンが使われたとされています。ワクチンの危険性を説明し被害を最小限にするためにも他の方法も推奨すべきだったと考えられます。これは明らかに利権が優先されていたということではないでしょうか。
引用:
mRNAワクチン中止を国民連合 https://stop-mrna.com/
このサイトによると、この緊急につくられ副作用についても未確認のワクチンをベースとした新たなワクチンを厚労省が認可していると主張しています。確かに将来に不安のあるワクチンをベースに新たなワクチンを作るということ自体に大きな矛盾と不信感を感じざるを得ません。
投票数:4 平均点:5.00

投稿ツリー


     条件検索へ

旅と気ままなフォーラム最新投稿

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ

ログイン

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 - 1 人のユーザが 旅と気ままなフォーラム を参照しています。.

登録ユーザ 0 ゲスト 37

Facebook,RSSリンク表示

検索

アクセスカウンタ

今日 : 109
昨日 : 207
総計 : 1644541