メニュー(スマホは左の Hamburger_icon より)

今回始動時にセルスイッチを押しても始動しないことがあり、スイッチ部分を清掃しましたがあまり改善せず、その後少し距離を走ると改善したのでバッテリーが原因と考えました。バッテリーを交換するにはタンクを外さないと交換ができません。従ってバッテリー上がりになった時、ケーブルで繋ぐにしても大変ややこしいと思い年数も経っていたので(3年以上経過)交換した方が無難だと思い交換することにしました。

バッテリーは安価な中国製と日本製とどっちが良いのかとネットで検索してみました。安価なバッテリーを使い、2年に一度の車検でタンクはどの道取り外さないといけないので、ついでに2年ごとに交換するという方法もあります。検討した結果、一応日本製と性能が変わらないと謳っているバッテリー(送料を入れても5000円弱)SUPER NATTO STX14-BS をネット購入し取り付けることにしました。

このバッテリーはバッテリー液の希硫酸と一緒に送付されてきまとした。使えるようにする手順として
・バッテリー液の容器を逆さまにして上からそのまま差し込めば蓋のアルミが破れ液がバッテリーに入っていくという仕組みになっています。全部入った所で1時間バッテリー容器をそのまま蓋をせず載せて待ちます。要は化学反応でガスが出るのでガス抜きということですね。換気を良くすることとバッテリー液は希硫酸なので皮膚に付着しないよう注意が必要です。  バッテリーと液

・1時間後、バッテリーの蓋をしっかりとして密閉用充電器で初期充電(約2時間位で終わったと思います)をします。これはバッテリー内の電圧を補充することでそのまま使うよりは劣化が防げるのだと思います。  バッテリー

バッテリー交換作業

さて次にバッテリーを交換します。その前に、まずタンクを外します
1.バッテリーのターミナルを外す。
・ゴムバンドを外し、バッテリーの上のカバーを外し、ターミナルを-、+の順に外す。 ※先に+を外すと外す際に不用意にボディに接触すると感電する恐れがあるためです。  バッテリー収納場所
 バッテリー取り外し

2.バッテリーを交換する(標準バッテリー YTX14-BS)
・バッテリーを取り出し新しいものと交換する。今回は上記の互換バッテリーと交換。交換後のターミナル取付は+、-の順で行う。

ZZR1100バッテリーの購入
プリンタ用画面
投票数:57 平均点:4.91
前
ZZR1100--タンクの取り外し
カテゴリートップ
ZZR1100(ZX-11)メンテ
次
ZZR1100--点火プラグ交換

ZZR1100,GPZ1000RXのスペック

欲しい商品が必ず見つかるメジャーなネットショップ


Facebook,RSSリンク表示


RSSicon 最新記事のRSS

バイクメンテとD.I.Yメニュー

バイクメンテとD.I.Y 新着記事

このサイト内の検索

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが バイクメンテとD.I.Y を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...